死亡事故被害の請求

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故被害において、不幸にも被害者が死亡した場合、加害者に対してどのような損害請求をすることができるのでしょうか。それは、葬儀費用、死亡慰謝料、逸失利益があり、あるいは、事故後の治療中に死亡した案件については、治療費、入院費、雑費、付き添い看護費や休業損失、入通院慰謝料といった請求も発生します

お金葬儀費用とは、死亡事故後には被害者の葬儀が必要となる為、そのときにかかる葬儀費用も損害請求の対象になります。死亡慰謝料とは、被害者が交通事故被害に遭い、死亡したことに対する精神的苦痛への賠償金となります。被害者の死亡と同時に相続人へ相続され、遺族が死亡慰謝料の請求をすることができるという考え方です。自賠責保険の場合、遺族について、遺族固有の慰謝料が認められていますが、基本的な考え方は、本人の慰謝料として計算されます。逸失利益とは、交通事故被害がなければ得られるはずだった収入のことになります。死亡してしまった為に、それらの収入はゼロになりますので、逸失利益として請求が可能です。ただし、死亡した為に生活費はかかりませんので、逸失利益からは生活費が控除される仕組みとなります。このように、死亡事故には複雑な損害請求を行う必要が出て来ることを理解しておきましょう。